研修及び異業種交流事業

第1回研修会(施設見学会)の実施

 平成20年5月15日(木)14時30分から、109名の会員の参加があり、東部総合職業技術校の校内を見学しました。研修会の当日は、中島達也校長のあいさつのあと、5グループに分かれて、バリアフリーや環境保護に対応し広々とした校舎棟、実習棟を2時間近く掛けて見学しました。
 会員からは「技術校生との面談会が予定されているか。」「スキルアップセミナーの講師派遣型について詳しく知りたい。」など熱心な質問が出されました。

第2回研修会(東証Arrows、貨幣博物館)の実施

 平成20年10月14日(火)午後、第2回研修会(施設見学会)を実施しました。 見学先は、東証Arrows(東京証券取引所)と貨幣博物館です。 参加人数は、30名でした。この日は、10月に入って急落した株価がより戻した日でもありました。 右の写真は、オープン・プラットフォームで刻々と変動する株価情報を展示したディスプレイの前で記念写真を撮ったものです。 この中央下のディスプレイには、当協議会名と月日が示されています。 思いもかけず集合写真を記念すべき日に撮れたことで、参加者からは感動の声が上がりました。 この後、皆さんで貨幣博物館へ移動し、貨幣の歴史を学びました。

第3回研修会(講演会)の実施

演題  「ワーク・ライフバランス」 〜二つの視点で命を見つめて〜
講師   医師・自然写真家 井上冬彦氏

平成21年1月28日(水)15時30分から 東部総合職業技術校視聴覚室において、医師・自然写真家の井上冬彦氏を講師にお迎えして、会員企業の産業振興に役立てることを目的に、工業、商業及び福祉に共通する分野で研修会(講演会)を実施しました。
 今回は、人が働くこと、生きること、命のつながりや共生について、医師として写真家として体感されたことをアフリカの大自然と動物の写真を写しながら講演をしていただきました。講演終了後、アフリカでの体験で心に残っていることや講師の著作などについて参加者から熱心な質問が出ました。参加者の中には、講師を取り囲んで、熱心な質問を名残惜しくする光景も見られました。

 講演会に引き続き、麒麟麦酒渇。浜工場内にあるビアポートへ貸し切りバスで移動し、広域・異業種交流会及び優良従業員表彰を同日18時から行いました。優良従業員表彰は、推進協議会の会員企業に勤務する優れた従業員を顕彰し、本人の努力をたたえ、会員企業の一層の発展に資することを目的として行われます。なお、表彰者5名の代表から「この受賞を励みに一層職場の能力向上をめざし、後進の標とも足掛かりともなるべく、努力して行きたいと思います。」と感謝の言葉をいただきました。
 表彰のあと、広域・異業種交流会として時間まで懇談しながら、会員相互の情報交換と連携の強化の確認をしました。